読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大体50人ぐらい

いやね、クローズアップ現代を見たんですよ。私はこう見えて時代を先取るクールガイなので、最新流行ののコンテンツが満載であるクローズアップ現代(以下クロ現)を録画して時間のある時に見てるんですけどね。


そしたら「ネット動画投稿」で生活する人たち、みたいな特集やっててね。キャラ弁の作成過程とか、面白動物映像とかをYoutubeで流して、広告収入で丸儲け、的な人たちの話。それで「儲かるかと思って仕事を辞めたら全然アクセスのびなくて・・・!」みたいな人まで出て来て。


これだ!私もネットに演奏動画を上げて大もうけしようとか思ったり思わなかったりしましたけどね。そんなことはどうでもいいんですよ。そのクロ現の内容がツイッターとかでは結構突っ込まれていて、結局ネットの悪いところを出してるだけじゃねえか的な。


このテーマじゃなくても、大体クロ現でネット系の特集やると、ネットの住民達が「アレ違う」「これ違う」と大変うるさくなるんだけど、クロ現のターゲット視聴者は、そのテーマに詳しい人ではなくて、「そのテーマに詳しくないけど最新流行のコンテンツを追いかけたいクールガイ」の皆さんなんですよ。そういう人たちにいかにしてそのテーマについて過不足無く情報を伝えて30分番組として困らない体裁に仕立てるか、ということなんですよ。
つまり、詳しい人からの突っ込みは、そりゃあ何でも出るんですよ。だからネット系の特集だけ見て「ひどいミスリードだ!」って嘆いてる人は、他のテーマのクロ現も見たらいい。多分詳しくないから「それがひどいミスリードかどうかが判らない」と思うので。
それはそれでいいんですよ。ネタをスッと入るようにしてくれて、見た人がそのネタを各自で考える材料にしたらいいんですよ。それ書き脚気で詳しくなる人も居るかもしれないしね。


そんなこともどうでもいいんですよ。



その「ネットで動画投稿」について、解説の人が「これで生計を立てられている日本人は、多分数十人ぐらいでしょうねえ」という一言を発してたんですよ。


僕は、そうそう!これだ!と思いましたね。
というのも、僕の持論ですけど、何事でも大体「超一流」みたいな人って、そのジャンルで大体50人ぐらいだというものなんです。
流行ってる俳優でもぱっと名前が挙がるのってそのくらいだろうし、将棋の棋士でも、会社員でも、でかい会社の上から数十人なら食うに困らない。なんでもよ。


だから何だ!?というと、あんまり意味はないんですけど、要はそれくらいの希少性を持たないと食ってくのは難しいぞ!ということと、そのくらいの希少性を持つのはそんなに難しくもないんじゃないの?というこう矛盾した事を言いたい訳です。


大体、人間の属性なんて、3つぐらいたすき掛けしたらそのくらいの希少性になりますよ。ネット動画が好きで、キャラ弁を作れて、割とマメな性格で。みたいな。


そのへんを自分の属性でうまく組み合わせたら、そんな風にうまく食うに困らない希少性が自分にもあるんだ!なんてのがみつかったりしてね。


そんじゃーね!