読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

久々に三国志9をやって「強いAIとは何か」について考えてみた

いや~出張続きで忙しくてさ~(更新していない言い訳のつもりらしい)


って思うじゃん?
個人的には、「出張で忙しい」というのは言い訳として怪しいと思っているんですよ。出張先でクソ忙しいというのはそれはそれとしてあるんですけど、出張という行為には必ず発生するものがあるんです。


それは移動です。


移動時間って、結構制約されることが多くて、飛行機にしても離着陸の時は電子機器使うなとか制約があったり、新幹線でもPC開くと僕は酔ってしまうので全然使い物にならなくなったりと、結局何もすることがなくなってある意味「ヒマ」な時間がちょっとできたりするわけです。
そんな時間がちょこちょこだったり、まとまったりすることで、割と「ああ、これは今夜徹夜しても、明日の朝移動で睡眠時間は確保できるな」とか変な目算をしたりするわけですね。


そんな空き時間に、たぶん出来る社会人の皆さんは将来の事に思いをはせたり、PC等の電子器具を使わなくてもできる仕事をしたり、考え事をしたりするんでしょうけど、僕はそういうのが全然できません。ヒマを許せないのでヒマつぶしに何しよう、ということを考えてばっかりです。


そんなわけで、ここ10年の出張のヒマつぶしの進化を思い返してみました。
2003~5年頃:読書、音楽(このころ、60GBとかのやたら容量のデカい中国製MP3プレイヤーとか使ってひたすら所持しているCDをガシガシエンコードしていた)
2006-7年頃:Youtubeで動画をつらつら探してPCで見ていた
2009-11年頃:何故か楽器を始めた影響で、ずっと楽譜を作ったりしていた
2012-13年頃:ipadで映画とかアニメとか見る、あとPSP



PSP。これですよ。10年もの進化とか言っておきながらここ最近でやっているのがPSPという有様ですよ。というのもTwitterで「PSPがほしい」と呟いたらましまろ君から「いらないPSPあるからあげるよ」とご返信をいただきましたのでありがたく頂戴したわけです。本当にありがたい。有難うございます。重ねて御礼申し上げます。この恩返しとしていつかツルになって機織りをしに参上したいと思っております。


それでPSPでやっているのが三国志9というわけです。


またよりによって三国志9などという中途半端に古いゲーム、しかも昔自分がプレイしてずいぶん時間を使ったゲームを改めて携帯機でやろうなんて、ほんともう人間として進化をやめてしまったクソ野郎でしかない気がします。最近のPCを買ってもWindows7の表示に耐え切れず、すぐに表示モードを「Windowsクラシック」にしてしまったりするので、これはもう完全にオッサンの行動ですよこれは。いや違う、僕はもうMacユーザーに生まれ変わったんだ!20年ごしの愛!


そんなことはどうでもよくて、三国志9なんです。


僕は常日頃から「三国志9をオンラインで多人数プレイしたい」と言っているわけなんですけれども、今回やってみてもやっぱりそれを痛感するわけです。
なんでかというと、コンピューターのプレイヤーが単純な思考でしか攻めてこないからなんです。なんというか、三国志シリーズは回を重ねるごとにマップが広くなり、地形が複雑になり、武将の数が増え、パラメーターが多様化し、シミュレーションとして楽しめる要素がどんどん広がっていってるわけです。
その一方で、コンピューターの思考ってのはあんまり進化していなくて、「戦力が薄いところに攻め込む」「戦力が薄いところがなければ、戦力を増強するか、敵の戦力が薄くなるのを待つ」ぐらいでしかないわけです。いやたぶんそれなりに進化してるんだろうけど、「迷いなくスムーズにまっしぐらで愚策に向けて突っ走る」みたいな感じになっておるわけです。
難易度を調整することは可能なんですが、それは単に「相手の設備増強のスピードが1.5倍になる」とか「外交の成立確率が0になる」そういうものであって、ルールのバランスは崩れるわ、せっかくゲームとして設定している行動の選択肢を自ら放棄することになるわで、シミュレーションとして楽しむ方向性とはちょっと違うのかなぁなどと思ってしまうわけです。


だからこう、相手の裏をかく陽動作戦とか、合従連衡をゲーム外含めて握っていくとか、そういう対人プレイができたらいいな、と思うわけなんですよ。それ以前に、そういうのが対コンピューター戦でもできないのかなって思いますね。


その意味では、パラメータとか、地形・地図とかをいじれるだけではなく、各プレイヤーの行動パターンなんかもいろんなプレイヤーの行動をオンライン経由などで蓄積して学習する仕組みを作れないのかな~とか、いっそのことプレイのアルゴリズムをオープンにして「戦略シミュレーションツクール」みたいなのを作るとか、そんなのがあったらいいなぁなどと思ったりしています。


そんな感じで、出張の隙間時間を埋めたりしているわけです。



あと、いい加減私は「FFをみんながやり終わったあとに借りたら安上がりなのでは」と思ったはいいが、発売直後のクラスの盛り上がりについていけず、自分がやるころにはみんなプレイし終わっていて誰からも相手にされなかった時の悲しみの事を思い出して、流行っているゲームをやるべきなんではないでしょうか。モンハンとか。


そんじゃーね!
今日の一言:おごるなよ、自民党