読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国際政治事関連で、地道に草の根アピールするためのマニュアルが欲しい


何日か前の記事だけど、こんなのを読みまして。


安倍首相、排外的デモを非難=フェイスブックで呼び掛けへ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130507-00000107-jij-pol



基本的にはその通りで、「ナントカ人は日本から出て行け」みたいな話ってのはただの差別でしかないですし、百歩譲って「それには理由がある。向こうがひどいからだ」と言っても、同じアプローチで攻めていてはただの泥仕合で、第三者からはどっちに与するみたいな話にはならないんじゃないかなって思います。


一方で、世界のいろんなところでロビー活動とかで「日本が悪い悪い!」ってなると、それに引きずられて行ってしまうという事態に、なんてことも十分あり得るわけです。それに対して「いやいや、この何十年かの日本が何して来たと思ってんの?何を時代錯誤な事を言ってるんだ???いくらなんでもそんなの無いでしょ、放置でしょ」みたいな感じで放置しておくと、結局「アピール勝ち」みたいな話になっちゃうのは心配事ですね。



そんなわけで、政治レベルとか、経済人レベル、その他のレイヤーで「言うべき事はきちんと言う。ただし紳士的な態度で、おかしな事を言わない」とかそんな事をし続けて行くって事なんでしょうけどね。


そんな時に、「じゃあ何をアピールすれば良いの?」というのに対して、基本的にあんまり確たる答えを持ってないような気がする。「えっと、、、何十年も平和でやってきてるんだけどその実績はどこへ・・・??みんな年取っててゆるやかに死んで行くだけなんだけど・・・?条約で片付いてるし・・・?今の時代、これからの世代について何の実害が・・・?」みたいな事がモヤモヤっと羽化分んだけど、うまく筋道立てる形で世界にアピールするストーリーがよくわかんないんですね。


そう言った意味で、「紳士的に、かつ毅然とした態度で国際社会にアピールして行ける」ストーリーのひな形、マニュアルみたいなのがあったら便利だなぁとか思う訳です。個々人の率直な感想、という色づけはあるにせよ、それ以前のレベルで今問題が起こっている事に対して「穏当な」アプローチを取って世界を味方に付けて行く基本路線みたいなのが欲しいなって思ったんです。


まー私たちも、海外旅行とかの行った先でそんな説明事案に巻き込まれる可能性って十分ある訳で、その時にあんまり適当な(あるいは過激な)事を言ってしまって、せっかくの小さなチャンスをフイにするのも勿体ないな〜などと思ってます。


その辺りの役目を教育が担ってくれてると有り難いですが、そんなメニューは結構タッチーなので現場で避けられてる父子があるし、やっぱり教育受ける人たちの年齢層だと緊迫感がなくてそこまで危機感覚えないってのもあるかもしれませんので、そういう想定問答集みたいなのをある程度用意して共有しとくってのは大事なのかなって思いました。


まぁまずは自分で作れやクソがって言われそうですけどね。